人気ブログランキング |

yakkoの京〔みやこ]だより


祇園祭の後祭

一番は、橋弁慶山 弁慶と牛若丸が五条大橋で戦う姿 前懸は、富岡鉄斎 胴懸は、円山応挙下絵とされる[加茂祭礼行列図]綴錦
e0336009_22171864.jpg
二番手 北観音山 楊柳観音像と韋駄天立像を祀り 見送の横から大きな柳の枝をさしている松の真木に昔は尾長鶏を飾っていたが今は鳩 (ちょっと見えない)
e0336009_22521933.jpg

e0336009_23115926.jpg

三番手浄妙山 平家物語の宇治川の合戦を題材にした山 一来法師が『悪しう候、浄妙坊』と声をかけて僧兵筒井浄妙の頭上を飛び越え先陣に出る瞬間
e0336009_21224197.jpg
四番手は、役行者山 修験道の開祖の役行者が大峰の間に石橋を架けたという伝説を題材にした山 役行者を中心に葛城神、一言主神の三体を祀る
e0336009_14103636.jpg
e0336009_22232826.jpg
五番 黒主山 六歌仙の一人、大伴黒主が桜の花を眺める姿をあらわす。
e0336009_22252224.jpg
六番 南観音山 楊柳観音像と善財童子を祀り 山の四隅に菊竹梅蘭の木彫り薬玉つける。                                     
e0336009_22310717.jpg
e0336009_23010324.jpg
七番手 鈴鹿山 伊勢国鈴鹿山で道行く人を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現[瀬織津姫命]の伝説を題材にした山 金の烏帽子をかぶり、能面をつけ 腰に太刀、手に大長刀 中啓を持つ。                          
e0336009_23305116.jpg
八番 八幡山  普段は、町内会の庭に祀られている。高さ1メートルの総金箔の社殿は、巡行日のみ出され山上に飾られる。                     
e0336009_23334919.jpg
      
e0336009_23395729.jpg
九番 鯉山 龍門の滝を登った鯉は、龍になるという中国の伝説を基にした立身出世の金言(登龍門)を題材にした山 山全体を飾る前懸、胴懸、水引、見送は『イーリアス』トロイア戦争物語の場面をえがいた16世紀のベルギー製で、全て重要文化財
e0336009_23414111.jpg
e0336009_23452204.jpg
十番殿(しんがり)は、大船鉾 蛤御門の変で、大部分を消失し平成26年約150年ぶりの復興を果たした。さらに今後は、更に人形等の復興を進める 今年は、総檜の龍頭が大丸百貨店と家の近所の瀧尾神社の寄附で作られしんがりにふさわしい勇士を見ることができました。                                『この龍頭は、今年だけですよー。来年は、見られませんよー』と
来年は、御幣で、再来年には、金の龍頭がお目見えの筈です。さあ見えて来ましたよ
e0336009_23471427.jpg
e0336009_23475714.jpg
凄い迫力   どうやー。どや顔に思えました。   
動く美術館といわれる祇園祭 前懸 胴懸 見送と少しでも素晴らしさをお伝えしたく長々となってしまいました。 暑い期間ですが来年は、是非是非おいでやす。
暑い暑い中わざわざ でも見る👀価値大いにありですよー。         
説明文は、当日京阪四条で配られたものから拝借しました。                      

by pochimonchi | 2016-07-28 12:02

<< 栃木県那須湯本温泉に①      鴨一家の朝のお散歩 >>

日々の出来事を紹介します。
by yakko.
フォロー中のブログ
外部リンク
画像一覧
以前の記事
メモ帳
カテゴリ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル